夏の甲子園大会もいよいよ中盤に差しかかってきた。高校球児たちの真剣なプレーは多くの共感を呼び、絶大な人気の源となっている。これが光の部分だとすれば、影はやはり後を絶たない「部内暴力」だろう。今春、春...<記事全文を読む>