アルベルト・ザッケローニが日本代表を指揮して以来、優勝した2011年のアジアカップも含めて内容的にはハラハラさせられる試合はあった。それでも最終的には勝ってしまう。日本はアジアでは頭一つ抜けた存在か...<記事全文を読む>