2012年の師走の日本柔道界には、最後の最後に差し込んだ明るい光とともに1年を終えられる、といった安堵のような空気が流れている。というのも、井上康生氏(東海大講師)が全日本男子の監督になってから、関...<記事全文を読む>