強豪国が数多く揃う欧州や南米では、自分たちのレベルというのは常に意識させられるのだろう。一方で予選を比較的簡単に勝ち抜けるアジアに属している日本の場合、世界を舞台にした場合の立ち位置というのが、よく...<記事全文を読む>