故郷を思う気持ちが人一倍の若者にとっては不本意な登板だった。東日本大震災から1年がたった3月11日、仙台市出身のプロ野球ヤクルトの22歳、由規(本名・佐藤由規)投手は、広島県福山市で行われた広島との...<記事全文を読む>