日本の男子柔道は、重量級で選手育成に手こずり結果を残せず苦しんでいるが、その不振をカバーしているのが軽中量級だ。この3年の間に66キロ級と73キロ級でそれぞれ2人の世界チャンピオンが誕生、ロンドン五...<記事全文を読む>