そこに待ち受けていたのは、すでに2014年ワールドカップ・ブラジル大会への門を閉ざされたFIFAランク124位のチームではなかった。  記憶に重なるのは昨年の6月15日...<記事全文を読む>