延長戦の末の1-0という結果だけを聞けば、接戦の試合を思い浮かべるだろう。だが、内容を見れば、両者には思いのほか大きな開きがあった。鹿島アントラーズの円熟した大人のサッカーと、若さの勢いこそ伝わって...<記事全文を読む>