若き天才ボクサーが最短世界王座奪取を目指す。そのとき、識者はつねに辛らつだ。「なぜもっとキャリアを積んでから挑戦しないのか」と。山があるから登山家は挑む。記録があるから、天才選手はそれを超えようとす...<記事全文を読む>