3月1日、東京・両国国技館で行われた世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチほど、後味の悪い試合はないだろう。

12度もタイトルを守った前王者の山中慎介(帝拳)は、ベルト奪還にすべてを懸けていた。モチベーションを高め、ゴングを待った。

しかし、試合前日、その思いに水をかけられた。予想もしない王者ルイス・ネリ(メキシコ)の体重オーバーによるタイトルはく奪。計量を見守った山中は「ふざけるな」と口走った。山中のプライドは大きく傷つけられた。

昨年8月、山中は具志堅用高氏に並ぶ世界王座13連続防衛を懸け、ネリを挑戦者に迎えたが4回TKO負け。しかし、ネリが禁止薬物に陽性反応という驚きの発表が。最終的にはネリの新王座が認められ、今回の再戦が実現した。

バンタム級のリミットは53・5キロ。山中は一回でクリアしたが、ネリは1回目が2・3キロ、2度目も1・3キロのオーバー。この時点でタイトルはく奪となり、試合は山中が勝てば新王者、それ以外の結果は空位というルールで決行された。

ゴング直前、ある関係者はこう語っていた。「ネリが勝ちますよ。減量苦どころか、肌ツヤはいいし、体調に問題はありません」

確かにネリは元気いっぱいに見えた。山中は1回からネリのスピードに圧倒された。一方的に攻め立てられた末、4度のダウンを喫し、2回TKO負け。歓喜のネリと対照的にリング上では山中が呆然としている。その姿を見ながら怒りがこみ上げてきた。

これは世界戦と認めてはいけない試合だと思う。ボクシングはその昔から体重制のスポーツとして成り立ってきた。栄光を求め、苛酷な減量と戦う。

フライとバンタムの世界2階級を制したファイティング原田氏が、あまりのきつさを「トイレの水でも飲みたい」と表現した言葉がすべてを物語っている。

原田氏はこう述懐している。「あの苦しい思いがある限り試合に負けるわけにはいかない」。減量のつらさが、逆にエネルギーを生み出していたという。

WBCはネリを無期限資格停止にすると発表。さらに日本ボクシングコミッション(JBC)も9日、日本での活動を永久に停止することを決めた。

かなり厳しい処分だが、引退を決意した山中の気持ちは変わらない。早急に世界統括4団体によるルール作りが求められる。

ファイトマネーの没収、ライセンス停止、興行の有無、関係者への処分…。課題は山積している。二度とこのような不条理な世界戦は許されない。(津江章二)