リオデジャネイロ五輪出場を逃した男子バレーボール界に、明るいニュースがある。日本代表のエースで中大3年の石川祐希が、イタリア1部リーグのラティーナで12月中旬から約3カ月半、プレーすることになった。大学1年時に続いて2度目の「渡欧」である。約3カ月半の短期間とはいえ、世界最高峰のイタリア1部リーグでのプレーは、選手として大きく飛躍するきっかけになるだろう。

男子バレーボールは1964年の東京五輪で銅メダル、1968年のメキシコ五輪で銀メダル、そして1972年のミュンヘン五輪では金メダルを獲得し、五輪で2度優勝した女子と合わせて「日本のお家芸」とも言われた。しかし、ここ20年ほどは低迷している。1996年のアトランタ五輪出場を逃してから、日本が出場できたのは2008年の北京五輪だけ。その北京では一つも勝ち星を挙げられずに大会を去った。

なぜ、ここまで世界に水をあけられてしまったのだろうか。日本男子が「ガラパゴス化」しているからである。日本代表のほとんどがプレーするプレミアリーグでの外国人枠は各チーム1人。身長2メートル近い外国人選手のブロックやスパイク、サーブを体感できる機会は必然的に限定されてしまう。女子は男子選手を練習パートナーに「仮想外国人」の経験を積めるが、男子はそうはいかない。「毎年、代表は外国人の高さやスピードに慣れるところから始まる」と漏らす代表選手がいるほど国内リーグと国際試合では大きなギャップがある。ロンドン五輪予選も戦ったベテランの米山裕太は、リオ五輪予選敗退後にこう言った。「国内にこもって日本代表の(選手同士で)AB戦だけやっていても、どれだけ質の高い練習をしても、(外国人の)高さやサーブの威力は全く違ったもの。日本人同士でやっても絶対に経験できないことへの経験のなさ。ロンドンの時と同じ根本的な問題を改善しきれていない」

外国人のプレーに手っ取り早く慣れるには、レベルの高い海外のリーグで経験を積むのが有効だ。しかし、残念ながら海外経験を積んだ日本選手は少ない。今回のリオ五輪予選を戦った中では、イタリア1部リーグで約3カ月半過ごした石川、ブラジルリーグで1季プレーした福沢達哉だけだった。出場権を獲得したカナダやフランス、ポーランドは大半が欧州のリーグでプレーしており、その差は歴然である。

かつてのサッカーも同じだった。初出場した1998年のフランスワールドカップ(W杯)では、海外組は1人もいなかった。それが4年後の日韓W杯では中田英寿に稲本潤一、小野伸二、川口能活と4人が海外組となり、2014年のブラジルW杯では23人中12人と半数以上が海外組になった。W杯の成績が海外組の数に比例しているとまでは言えないが、3戦全敗だったフランスW杯の後、全敗で終わった大会はない。W杯予選をコンスタントに突破している実績からも、日本の競技力が向上していると言えるだろう。

バレーボールでも加藤陽一や越川優らが欧州でプレーしたが、サッカーのように次々と後に続く選手が出なかった。石川の同年代には、日本代表でプレーする筑波大4年で201センチの高橋健太郎や東海大3年で202センチの小野寺太志ら将来有望な選手が多い。石川のイタリア挑戦が、同年代の選手たちが海外に目を向けるきっかけになってほしい。海を渡る選手が増えることが、日本代表の強化に直結するはずである。まだ20歳の石川だが「自分が海外に行って、どんどん発信して、興味を持ってもらえれば。海外に行ってみたいという選手が増えればと思う」と自覚も十分。中田がサッカーで欧州への道を切りひらいたように、石川もバレーボールの開拓者となってほしい。

柄谷 雅紀(からや・まさき)1985年生まれ。大阪府箕面市出身。全国紙の新潟、横浜、東京社会部で事件や事故、裁判を5年半取材した後、2013年に共同通信社に入社。翌年から大阪運動部でプロ野球オリックスの担当を経て、JリーグのG大阪などを担当した。16年から東京運動部でバレーボールや陸上を取材。筑波大時代は男子バレーボール部でプレーした。