結果はスコアレスドロー。ゴールにつながる可能性がまったくなかったとはいえないが、チャンスは1、2回だけ。ゴールの枠に飛んだシュートも少ない。そのような試合を見直そうとする人は、限りなく少ないだろう。

J1第1ステージ第6節の横浜M対浦和の一戦は、表面だけを言葉で説明すればそのような内容だった。それでも、見終わったあとに失望感はなぜかなかった。つまり、どこかに楽しさを見つけたのだ。

その楽しさの源がどこにあったか。そう考えた結果、気づいたのが「『縦』への仕掛け」だった。一瞬でも隙があったら縦に踏み込み、相手に決定的なダメージを与えてやろう。相対する両者が、居合切りの達人同士が見せる立ち会いのような緊迫感を漂わせていたから、観戦する側も集中できたのだと思う。

最初に「おやっ」と思わされたのは、開始早々の前半3分だった。ロングパスに合わせた浦和の武藤雄樹が横浜Mの最終ラインの裏に見事に抜け出して、胸トラップからの右足シュートを放ったのだ。

これは予想外だった。というのも、浦和がこんな長い縦パスを入れてくるとは思っていなかったからだ。浦和の最終ラインがボールを持ったときには、「また、パスをつないでサイドから展開するのだろう」と思っていた。それがいきなり最終ラインからボールが出たので、誰がフィードしたかが分からなかった。友人に確認したところ、遠藤航だという。

同じことはまた起きた。前半9分、後方からのロングパスを再び武藤が浮いた状態でコントロールし、間髪を入れず浮き球の縦パス。興梠慎三のスライディングシュートはGK飯倉大樹にセーブされたが、このときも攻撃の起点が分からなかった。それがボランチの柏木陽介と聞いたとき、遅ればせながら浦和というチームの変化に気づき始めた。

今季、浦和の試合を生で見るのは2回目だ。1回目は第2節磐田戦。この試合のスタート時点での3バックは左から森脇良太、槙野智章、遠藤だった。しかし、昨シーズンまで左の槙野を中央に、右の森脇を左に配した布陣は機能せず、試合途中から遠藤を中央に置き、森脇と槙野を本来のポジションに戻した。ただ、この時点で何らかの変化を感じ取ることはできなかった。

あれからおよそ1カ月。ここ数年メンバーが入れ替わろうとも、まったく代わり映えしなかった浦和の攻撃が劇的に変化していた。これまではボールは保持していても、そのことが必ずしも相手に脅威を与えてはいなかった。それが、相手守備陣の中央部に突き刺さり、一発抜ければゴールという縦パスが増したことで、より得点の可能性を感じさせるようになったのだ。

このようなサッカーをどこかで見たことがある。思い起こすと、それはペトロビッチ監督が浦和の前に率いていた広島のサッカーだ。あのチームの3バックの中央には、ブルガリア代表としても活躍したストヤノフというロングフィードの名人がいた。そのストヤノフの長距離パスに合わせて佐藤寿人が守備ラインの裏を取る動きを見せる。それが現在の遠藤と武藤の関係性にとても似ているのだ。

それにしても、遠藤がこれほどキックのうまい選手だとは知らなかった。前線でポストに入った味方にグラウンダーで入れる高速の縦パスも素晴らしい。味方は入ってきた縦パスをダイレクトでサイドにたたき、後ろからフォローした選手がまた前に出る。攻撃の圧力としては、これ以上ない力強さでゴールに迫る。横浜Mのモンバエルツ監督も「浦和がロングボールを使いダイレクトでやってくるとは思わなかった」と語っていたが、分析を繰り返すプロ監督が予想外というならば、僕のような素人が新しい浦和の姿にビックリするのは当たり前だ。

一方、横浜Mにも「縦」への推進力を持つ新たな戦力が出現した。こちらは同じ名字を持つユースからの昇格組。遠藤渓太は、「ぶっちぎる」という表現を迷わず使いたくなるほどの素晴らしい突破スピードを持っている。この試合も後半だけでカウンターから3度、ゴールにつながりそうなチャンスを作った。そのうちの2回は並走したフリーのカイケへのパスがDFに引っ掛かり、後半25分に見せた独走はコース取りが甘く、GK西川周作に防がれた。ただ、リーグ戦ではこの一戦がまだ4試合目の18歳。冷静さを身に付ければ、大きな可能性を秘めている。

現代サッカーはポゼッション―。むやみにそう信じている指導者が多いせいか、Jリーグの舞台でも無意味な横パスが横行している。そんな状況で再び「縦」を意識するチームが出たことは喜ばしい。皇帝・ベッケンバウアーはかつて、こう言っていた。「なぜ中央から攻めるのかって? 真ん中が一番ゴールに近いからだよ」と。この真実はいまも変わらないはずだ。

岩崎龍一(いわさき・りゅういち)のプロフィル サッカージャーナリスト。1960年青森県八戸市生まれ。明治大学卒。サッカー専門誌記者を経てフリーに。新聞、雑誌等で原稿を執筆。ワールドカップの現地取材はブラジル大会で6大会連続となる。