2013年、モト2クラスに純国産パッケージのチームが誕生した。「イデミツ・ホンダ・チーム・アジア」は、ライダー、チーム、マシン、そしてタイトルスポンサー、の全てが日本ずくめといっていい体制だ。

チーム監督は、最高峰クラスで世界ランキング2位という日本人最上位記録を持つ岡田忠之氏。低迷が続く日本のロードレース環境を盛り上げ、さらにアジア全域を視野に入れて選手たちが世界で活躍できる場を提供したい、という思いで、昨秋に立ちあげた。

モト2クラスはホンダが600CCエンジンを提供し、車体に関しては自由な設計が認められているが、岡田氏の新チームではモリワキエンジニアリング製の車体を使用している。モリワキはモト2初年度の2010年に自社の提供する車体でチャンピオンを獲得したものの、この2年は欧州のKALEXやSUTERに優勢を占められていた。モリワキにとっても、今回の新チームは捲土重来を期すための重要な挑戦、ということになる。また、サスペンションはショーワ、ブレーキはNISSIN、と欧州メーカーのオーリンズやブレンボに対抗してこれらの重要部品でも日本企業がチームを支える。さらに、チームの名称からも分かる通り日本を代表する石油企業の出光興産がタイトルスポンサーについた。

今季のライダーには高橋裕紀を起用。チームは、2月中旬にスペイン・バレンシアで3日間のプレシーズン合同テストに参加した。テストを終えた高橋は、「やるべきことが山のようにあるので、今はそれを一つずつ消化している。とにかく前進あるのみなので、すごく頼もしい」と溌剌とした表情で語った。「全てが一からの挑戦だけど、このチームでは日本語も通じるし(笑)、スペシャリストが集まっている。あとは、どのくらいのスピードでトップに登り詰められるか、という勝負になると思います」

岡田監督も「立ち上げ準備でかなりバタバタしたので、そういった意味ではサーキットへ来ることができてまずはひと安心ですね」と胸を撫で下ろした様子。しかし、本当の勝負はここから始まる。「最初のテストだったので、タイムや順位は全然気にせず、自分たちのテストメニューを着々と消化していった。トップからの差や、自分たちが抱えている問題も見えてきたので、どこにどれだけ足りないものがあるかということを確認しながら、開幕直前では上位陣に迫れるところまで仕上げてゆきたい」

バレンシアテストの翌週は、ヘレスサーキットでさらに3日間のテストが行われた。そして3月中旬には、開幕直前の最終テストがヘレスサーキットで再び行われる。そのテストで、今回見極めた開発の方向性やデータ収集をもとに、さらに新たな部品類を投入してゆく予定だ。岡田は、「日本はあくまでアジアの中の一国、という位置づけ」とも語っており、将来的にはアジアの他国選手を登用することも視野に入れている。それが実現すれば、このチームはアジアのロードレース環境を世界とつなぐ次世代への架け橋になるだろう。(モータージャーナリスト・西村章)