世の中がこぞって暴力団追放に向かっている。そんな折、週刊文春が6月、2週にわたって「巨人・原監督が元暴力団員に1億円を支払った」問題を追求している。原辰徳監督が昔交際した女性問題で2006年に1億円を脅し取られたというものだ。

▽吹き飛んだ爽やかイメージ

東海大相模高、東海大そして巨人の野球人生を通じて、原監督自らも売りにしていた「爽やかなイメージ」は吹き飛んだ。昔の話で原監督も人の子だったという声、立場を考えればやむを得なかったという同情論も多い。しかし、被害者の立場を強調する姿勢を見るにつけ、世間の常識から懸け離れた意識を感じ、進退伺など一応のけじめにも思いが至らなかったのだろうかと思った。09年にこの問題が再燃して球団が知るところとなったが、それでも被害届は出されなかった。球団も内々に処理したのである。

今回、巨人球団と原監督の対応は早かった。「原監督は恐喝事件の被害者であり、1億円を支払った相手が反社会勢力との認識はなかった」といった趣旨で、週刊誌を提訴することと原監督の監督継続に問題なしとした。そして、渡辺恒雄球団会長が監督続投を明言して幕引きを図ろうとしている。

球団および原監督は、今回の週刊誌への情報提供者は「状況証拠」から、渡辺会長に反旗を翻した清武英利元球団代表であるとして非難している。読売新聞は原監督の「ファンの皆様へ」「清武さんへ」というメッセージを大きく紙面を割いて掲載した。発行部数が1千万部とも言われる日本のリーディングペーパーのやることではないし、はからずも巨大マスコミが球団を持つ問題点を浮き上がらせた。

▽動かない日本野球機構

記事には元巨人の横浜DeNAの中畑清監督が仲介役として登場してくるのだが、両球団が短期間でどういう調査をして、問題なしとの結論に至ったかなどよく分からない部分があり、原、中畑両監督の説明も一方的なものだ。日本野球機構(NPB)も表だって動いている様子はない。「力は正義なり」といった風に突き進む球団とそれを傍観する球界トップの図式は今回も変わっていない。そこにある種の危惧を抱かざるを得ない。

加藤良三コミッショナーが6月29日、表彰式で訪れた東京ドームで原監督に「私としては(今回の問題は)承知しているが、野球に集中して頑張ってくださいと話した」と報じられた。この時期に本当にそんな会話しかしていないのだろうか。そうは信じたくない。

▽「黒い霧事件」を教訓に

プロ野球は約40年前、「黒い霧事件」という大きな痛手を負った。いわゆる野球の八百長事件で永久追放をはじめ多くの選手が処分された。オートレースの八百長にまでプロ野球選手が関係するなど、次々と暴力団との関係が明るみに出た。以来、プロ野球界はそれを教訓に、各球団は警察OBを入れるなど対策を講じてきた。

原監督が1億円をゆすられた06年ごろは、人気球団の私設応援団員を語る暴力団員が問題を起こす事件が続いた。12球団は「暴力団の排除宣言」をするなど暴力団排除のキャンペーンを展開してきた。その中心にいる加藤コミッショナーがこうしたことを知らないわけはなく、今回はなにはともあれ原監督や巨人に事実関係を問いただすべき立場にある。最低でも巨人に経緯を報告させるべきである。

▽世界中にある八百長問題

現在もプロ野球選手をめぐるグラウンド外のトラブル、特に女性問題は枚挙にいとまがない。原監督と同じやり方で処理しているケースは後を絶たず、そこに付け込まれない保証はない。それを「黒い霧事件」が教えている。「飯やゴルフは自分の金で」と言っておきたい。

八百長なんて、と言うなかれ。韓国では昨年のサッカーKリーグでの八百長に端を発し、バレーボール、バスケットボールそして野球などにも波及しているというし、台湾プロ野球しかり。欧州サッカーでも八百長騒動で揺れた。“他山の石"は世界中に転がっているのである。

田坂貢二[たさか・こうじ]のプロフィル

1945年広島県生まれ。共同通信では東京、大阪を中心に長年プロ野球を取材。編集委員、広島支局長を務める。現在は大学野球を取材。

ノンフィクション「球界地図を変えた男 根本陸男」(共著)等を執筆