わずか3カ月前のチームと、まったく別物を見ているようだ。Jリーグもそうだが、日本のサッカーというのは、監督が新しい人に替わると前任者が植え付けた良い面も消えてしまう。前の4年間で築き上げたベースに、新たな要素を加えていけばいいと思うのだが、一度ゼロベースに戻してしまう。なぜなのだろうといつも不思議に思う。

前任者のザッケローニ監督が目指した、ボールを保持して主導権を握る戦い方は、日本サッカーに新しい時代をもたらした。長く日本代表の試合を見ているが、これほど攻撃をするチームを初めて見た。ブラジルでのワールドカップ(W杯)の結果はともかくとして、将来につながる良いサッカーをしているのは明らかで、日本サッカー協会も主導権を握るサッカーを継承する存在としてアギーレ新監督を選任したはずだった。ところが、ウルグアイ、ベネズエラの2試合を見た限り、強豪を相手にもパスをつないで攻めようというサッカーは、どこかにいってしまった。

新しいメンバーが入り、システムも4―3―3に変わった。わずか3回しか練習の機会がなかった札幌のウルグアイ戦は別としても、第2戦のベネズエラ戦でも4年間積み上げてきた緻密さが消えていた。

たまにはロングボールを蹴ればと思わせるほど短いパスにこだわった前チーム。アギーレジャパンにその意識は希薄なようだ。

原因はシステムにもあるだろう。アンカーの森重真人を逆三角形の底に置く3人の中盤。その1列前の左の柴崎岳、右の細貝萌の後方、森重のサイドに大きなスペースが生まれるのだ。森重がピルロのようなボールさばきをできるのなら問題ないのだろうが、そこまで求めるのは酷だ。最終ラインでボールを持ったとき、前チームでは近くに、遠藤保仁、長谷部誠と二つのパスコースがあったが、今回は森重一人。その前方の柴崎、細貝へのパスは距離があるため精度が落ちる。パスがつながらない一因だったのだろう。

試合内容としてはお世辞にも褒められるものではなかった。そのなかで新しい発見もあった。それが代表2試合目の武藤嘉紀と青森県勢として初のAキャップを記録した柴崎の活躍だろう。

収穫のなかったウルグアイ戦で、後半43分に唯一の見せ場となった左ポスト直撃のボレー。この場面を生み出した武藤の前への推進力は、前チームにはなかった武器だろう。そしてベネズエラ戦で見せた後半6分の先制点も、武藤のスピードと前に出る力強さ、シュート意識の高さから生まれた。

自陣からのロングボールを、相手DFがヘディングでクリア。その落下地点に入った武藤に迷いはなかった。左サイドに逃げるように開いた岡崎慎司と右サイドに走る本田圭佑の開けたスペースをドリブルで一直線。ファウル覚悟で後方から止めにかかったDFをスピードで振り切ると、左足を振り抜き見事にゴール右隅に突き刺した。

この新しいスピードスターの素晴らしいところは、最も大切なフィニッシュでの意識の高さだ。「まず(ボールを)浮かせないことだけを心掛けた」と語っていたが、ビッグチャンスを迎え心がはやる場面でも、いたって冷静だ。どんなに強烈なシュートでもゴール枠を外せば意味のないことを知っているのは、本当の点取り屋だ。

この武藤と同学年の22歳。柴崎の場合は初代表にもかかわらず、心憎いほどの落ち着きようだ。そのプレーは若くして、良い意味で枯れている。サッカーセンスの塊だ。本人は「初出場ということもあるので、ある程度、硬さが出るのは、自分の意識していないところであった」というが、試合が始まると自然に身ぶり手ぶりを交えて味方に指示を出す姿はベテランのそれ。すでにこのチームの主要キャストとしての存在感を示した。

それにしてもサッカー選手には、ときに未来の見える選手が出現する。コンサドーレ札幌の小野伸二のように。日本が後半22分挙げた柴崎の2点目はまさにそれだった。自陣で武藤がカットしたボールを自らが起点となり展開。岡崎が左サイドを突破したところで、柴崎はDFの視線から外れるように意識的にワンテンポ遅らせる走り方を見せた。その予測力が、結果的にゴールの右サイドでフリーになるポイントだった。その意味でこうかつな選手といえるだろう。

シュートに関しても「クロスもいいところに上げてくれたので、あとは流し込むだけだった」とさらりというが、技術自体はかなり難易度の高いもの。それでも柴崎の感覚でいえば簡単なプレーなのだろう。

ただ、この若い2人のタレントの派手な活躍に覆い隠された感があるが、アギーレジャパンの船出は決して及第点が与えられるものではない。少なくとも試合を作るという面で、前代表より退化しているように見える。

1996年アジアカップ。加茂周監督に率いられた日本代表は、クウェートに0―2の完敗を喫した。前面に押し出した「ゾーンプレス」の新戦術は互角に勝負を挑んでくれる欧州や中南米のチームには効果的だったが、アジア勢相手にはうまく機能しなかった。アジアの対戦相手は、プレスの掛けどころである中盤を通り越すロングボールを多用したからだ。

日本はW杯という大目標の前に、アジアで戦わなければならないという特殊な事情を持つ。この日、日本が挙げた2ゴールはともにカウンター。必ずといっていいほど引いて守ってくるアジアの対戦相手に、カウンターという場面は果たして出てくるのか。アギーレ監督は、世界の前にアジアがあることを認識しなければならないだろう。

岩崎龍一[いわさき・りゅういち]のプロフィル

サッカージャーナリスト。1960年青森県八戸市生まれ。明治大学卒。サッカー専門誌記者を経てフリーに。新聞、雑誌等で原稿を執筆。ワールドカップの現地取材はブラジル大会で6大会連続となる。