ミスは当然のように起きる。ただ、その回数をいかに少なくするか。手ほどには器用でない足でボールを扱うサッカーだからこそ、ミスが前提となるのだ。 ...<記事全文を読む>