9月26日、選手、審判員が喪章をつけて試合に臨んだ。20日、58歳の若さで亡くなった労組日本プロ野球選手会事務局長の松原徹氏を偲んでのものだ。  松原氏といっても分から...<記事全文を読む>