「タッチポイント」「カニバリゼーション」「バンドワゴン効果」「キャズム」―。スポーツの現場ではなじみの薄い単語の数々。すべてマーケティング用語なのだが、これらが飛び交っているのが日本相撲協会の事務所で...<記事全文を読む>