日本ハムの大谷が極めて異例な投打の「二刀流」の道を歩み始めた時、周囲からはさまざまな声が聞かれた。「あれだけ速い球を投げられる投手はめったにいない。投手に専念すべきだ」とか、「野手としてなら毎日プレ...<記事全文を読む>