ことしの大学球界には秋のドラフト会議の上位候補に挙がる好選手が多く、「豊作」の年と位置付けられている。春のリーグ戦で有力選手はおおむね順調に滑り出したが、唯一気がかりなのは東都リーグ・中大の左腕、島...<記事全文を読む>