一流投手が持つ感覚は繊細で鋭く、そして独特だ。凡人の私は、話を聞きながら「う~ん…」と頭を悩ませるケースも出てくる。6月上旬のある日。プロ野球・巨人の左腕、杉内俊哉の発想に驚かされた。 ...<記事全文を読む>