ドラフト会議を直前に控えた10月21日、日本球界に衝撃が走った。高校球界最速の時速160キロの速球を投げ、ドラフト1位指名が確実視されていた岩手・花巻東の193センチの大型右腕、大谷翔平投手が日本の...<記事全文を読む>