6月下旬、男子マラソンの佐藤敦之(34)選手を取材するため福島を訪れた。4年前の北京五輪代表だった同選手は、実業団の中国電力を休職しこの5月に活動拠点を故郷の福島に移した。東京電力福島第1原発事故で...<記事全文を読む>