EU諸国内の各種不安要素が原因で、外為市場では歴史的な円高ユーロ安が続いている。ここ数週間の懸念材料としてよく話題に挙がるのは、スペイン大手銀行バンキアの経営不安と政府救済による実質的国有化だが、じ...<記事全文を読む>