プロ野球阪神の担当記者をしていた1998年、川尻投手が中日を相手にノーヒットノーランを達成したのを目の当たりにした。無安打のまま迎えた試合の終盤ではドキドキしながらスコアブックをつけていたことを今で...<記事全文を読む>