日本ボクシング連盟の内田貞信会長は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京五輪の開催を1年延期するのが最善との私見を示した。選考や調整で公平性を保つため、中止になった一部予選の実施を望み、五...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ