【アンマン共同】ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は11日、アンマンで行われ、日本女子初の五輪出場を決めたフライ級の並木月海(自衛隊)とフェザー級の入江聖奈(日体大)は、ともに決勝で判定負け...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ