【アンマン共同】ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は8日、アンマンで行われ、勝てば五輪出場決定だった男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協)は準々決勝でクリシャン・ビカス(インド)に0―...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ