【ニューヨーク共同】8月の世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで山中慎介選手(帝拳)にTKO勝ちして新王者となったルイス・ネリ選手(メキシコ)がドーピング検査で陽性反応を示した問題...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ