2013年12月の世界戦で混乱が生じたことなどを理由に日本ボクシングコミッション(JBC)から事実上の資格剥奪処分を受けた当時亀田ジム会長の吉井真二氏、マネジャーの嶋聡氏が処分不当としてJBC相手に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ