5月に初防衛を果たした世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が5日、名古屋市内の所属ジムでの練習を再開した。シャドーボクシングや縄跳びなどで約1時間、汗を流し「次に向かうと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ