世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級チャンピオンの高山勝成(仲里)が3日、大阪市平野区の東関部屋で朝稽古を見学した。力士たちの鍛錬を間近で見た33歳の王者は「しんどい時が勝負というのは、ボクシング...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ