ボクシング男子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選は23日、アゼルバイジャンのバクーで行われ、バンタム級で19歳の森坂嵐(東農大)が準々決勝でドイツ選手に3―0で判定勝ちし、ベスト4入りして同五輪の日...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)