ボクシング東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者でモデルとしても活動する高野人母美(協栄)が27日、東京都内で記者会見し、引退を撤回して現役を続ける意向を示した。「心を入れ替えてゼロからボクシングに励...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)