世界ボクシング協会(WBA)がドーピング違反でヘビー級王者のルーカス・ブラウン(オーストラリア)の王座を剥奪し、6カ月の出場停止処分を科したことが13日、分かった。3月にオーストラリア出身選手として...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)