世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級タイトルマッチ(16日・米シカゴ)に敗れ、現役引退を表明した28歳の亀田興毅が19日、成田空港に帰国し「正直まだまだ闘える自信はある。でも、これが俺の美学...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ボクシングTOPへ