リオデジャネイロ五輪の出場枠を懸けたアマチュアボクシング男子の世界選手権は9日、ドーハで行われ、ライト級の成松大介(自衛隊)は2回戦でウクライナ選手に0―3の判定で敗れた。日本勢は全員敗退し、今大会...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)