リオデジャネイロ五輪出場権が懸かるアマチュアボクシング男子の世界選手権は7日、ドーハで行われ、日本ボクシング連盟に入った報告によるとライト級の成松大介(自衛隊)は1回戦でエジプト選手に3―0で判定勝...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)