世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王座決定戦(8月7日・バンコク)に臨む同級1位の赤穂亮(横浜光)が13日、横浜市内の所属ジムで練習を公開した。敵地で同2位のプンルアン・ソーシンユー(タイ)との一戦に「どこでやっても勝つのがチャンピオン。必ず勝って帰ってきたい」と意気込んだ。 29歳の赤穂は2012年大みそかに、世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級王者の佐藤洋太に判定でプロ唯一の黒星を喫した。2度目の世界戦に向け「佐藤君とは相性が良くなかったが、今回の相手はかみ合うと思う。打ち合いを制した者が勝つ」と自信をみなぎらせた。