世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の山中慎介は9月22日に東京・大田区総合体育館で9度目の防衛戦を行うと10日、所属する帝拳ジムが発表。前世界ボクシング協会(WBA)同級スーパー王者のアンセルモ・モレノ(パナマ)と対戦する。 モレノは2008~14年にWBA王座を12度防衛した世界的な強豪で、戦績は39戦35勝(12KO)3敗1分け。約5カ月ぶりのリングとなる32歳の山中は、過去最強と言える挑戦者との一戦に「負けるリスクもあるが、バンタム級で一、二を争うような選手とできるのは幸せ。この相手に勝てば実力を証明できると思う」と意気込みを語った。