世界ボクシング機構(WBO)は6日、「世紀の対決」と注目された5月の世界ウエルター級王座統一戦でマニー・パッキャオ(フィリピン)を破ったフロイド・メイウェザー(米国)が規定に違反したとして、WBOの同級王座を剥奪したと発表した。 WBOは複数階級のタイトル保持を禁じているが、メイウェザーは統一戦の承認料20万ドル(約2440万円)とスーパーウエルター級の王座返上に、設定された期限の3日までに応じなかった。メイウェザーは今後2週間の間、異議申し立てができる。(ロイター=共同)