日本自転車競技連盟が定めたロードレース女子の2020年東京五輪代表の選考基準を巡り、16年リオデジャネイロ五輪女子代表の与那嶺恵理選手が基準の男女差を不当として見直しを求め、日本スポーツ仲裁機構に仲...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 自転車TOPへ