2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外の選手らと全国の自治体の交流を促進する「ホストタウン」構想で、政府が27都道府県の市町村などが申請した41件の計画を第4次登録として認定したことが6日...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 自転車TOPへ