【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)は13日、最新の分析技術を用いたドーピング再検査で陽性反応を示したとして、2008年北京五輪陸上女子やり投げ銀メダルのマリア・アバクモワらロシア4選手...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)