【リオデジャネイロ共同】国際パラリンピック委員会(IPC)のクレイグ・スペンス広報部長は4日、リオデジャネイロ・パラリンピックで約1500件のドーピング検査を実施する方針を明らかにした。尿検査と血液...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)