バスケットボール女子のWリーグは18日、東京・大田区総合体育館で開幕し、史上最多更新の12連覇を目指すENEOSが77―60で富士通を振り切り、白星発進した。37―38の後半に渡嘉敷や宮崎を中心に得...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バスケTOPへ