8月31日開幕のワールドカップ(W杯)に向けて合宿中のバスケットボール男子日本代表の司令塔、富樫勇樹(千葉)が練習で右手第4中手骨を骨折したことが24日、発表された。全治2カ月の見込みでW杯出場は難...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バスケTOPへ