バスケットボール男子の日本代表が21年ぶりに予選を突破してワールドカップ(W杯)出場権を獲得したことを受け、日本協会の川淵三郎エグゼクティブアドバイザーは27日、焦点の2020年東京五輪の開催国出場...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バスケTOPへ