バスケットボール男子の東アジア選手権最終日は7日、長野市ホワイトリングで行われ、3位決定戦で日本は中国を76―58で破った。序盤から厳しい守備で主導権を握り、比江島(三河)らの得点で第1クオーターに...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バスケTOPへ