8月のリオデジャネイロ五輪で日本選手団の総監督を務める日本オリンピック委員会の高田裕司理事は17日の選手強化本部会後、前回ロンドン五輪の倍となる金メダル14個の目標達成の鍵に柔道を挙げ「最初に軽量級...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)